アクセス解析

どもりに効果的な薬を教えて!

どもり 薬

 

どもりの薬を探しているあなたへ

どもりの治療には、原因が解明されていないこともあり、
確実な治療法が出ていないのが現状ですが、治療に効果のある薬は近年増えています。

どもりの治療に、主に処方される薬にはSSRIや坑不安薬、坑うつ薬があります。

 

どもりの薬

ルボックス・デプロメール

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われる坑うつ剤です。
これまでの坑うつ薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。

セロトニンの異常分泌により、精神のバランスが崩れ、うつ病や不安障害などの
思考面や感情面での障害を引き起こすといわれています。

セロトニンの異常分泌はどもりの原因ともされており、治療の際に処方されています。

憂鬱な気分をやわらげ、不安や緊張を取り除き、意欲を高める効果があります。
うつ病や社会不安障害の治療にも処方されています。

パキシル

パキシルは新しい坑うつ薬として、回復傾向の高い薬です。
気持ちを楽にし、気分を落ち着け、意欲を高める効果があります。

離脱症状の起こりやすい薬のため、服用する際や辞める際は、
医師に相談することが重要な薬です。

どもりの治療に処方される薬は、日常生活の不安や恐怖を軽減する効果があるため、
対処療法として服用されています。

また、まだ日本では認可されていないけれど、
どもりの治療に効果が最も期待されている薬にパゴクロンがあります。
パゴクロンはアメリカの治験段階で、あがりの症状が改善されたケースが報告されています。

 

薬には副作用があり、依存症などのおそれもあるため、服用する場合は医師や薬剤師に相談することが大切です。
また、離脱症状の危険性もあるため、自己判断で服用をやめず、医師の指示に従うことをお勧めします。

 

どもり治す薬を服用する前に!

どもり 薬

詳細はこちらをクリック!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ