アクセス解析

吃音の病院について教えて!

吃音 病院

 

吃音の病院を知りたいあなたへ。

吃音者は、100人に1人はいるといわれています。
原因はいまだ特定されておらず、治療法も確立されていないため、
吃音の障害を持つ人は不安や対人恐怖、心的障害に苦しんでしまいます。

吃音の治療では、おもに言語訓練、精神治療などを行っていますが、
吃音に対する考え方は様々で、主張が異なり戸惑ってしまうかもしれません。

 

しかし、日常的に吃音患者と対面している医師や職員、同じ悩みを持つ吃音患者が
多く集まっている場所で悩みを共有するだけでも、精神的な安心感は大きいはずです。
一度、診察してもらい、悩みや不安を打ち明けてみることをお勧めします。

 

吃音の診察を行っている病院

国立身体障害者リハビリテーションセンター病院

TEL:042-995-3100
埼玉県所沢市並木4丁目1番地

主に言語訓練を実施

 

民間で行っている吃音の治療施設

関東学園ヴェルボトナル研究所

TEL:0276-74-9847
群馬県館林市大谷町625

ヴェルボトナルセンター湘南

TEL:0467-57-5704
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北5-5-27 光陽堂ビル2階

上記の施設では、吃音専用のディレイ装置を使い、発音訓練を実施

ことばの病院 白萩学園 福岡スピーチクリニック

TEL:092-751-9351
福岡県福岡市中央区天神4丁目5-10 チサンマンション第2天神 2階209号

 

九州大学医学部心療内科と共同研究

日本パーソナリティセンター「心理ドック」

TEL:045-663-2671
神奈川県横浜市中区住吉町1-6 MPS関内701

心理療法、DAFを用いたトレーニングを実施

 

吃音の研究者はほとんどなく、診察できる病院も少ないのが現状です。
また治療にはかなりの期間を必要とするので、根気強く治療することが重要です。

ホームページで診療について詳しく紹介されていますので、
自分にあった施設で治療を受けるとよいでしょう。

 

吃音の病院へ行きたくないあなたへ

吃音 病院

詳細はこちらをクリック!

タグ

どもりの病院へ通う前に・・・

どもり 病院

 

どもりの病院を探しているあなたへ。

どもりを治そうと病院を探しても、
なかなか、これといった病院が見つからずにいませんか。

 

たまに言葉につまる程度なら本人も周囲もあまり気にしないのですが、
程度が大きくなり、常にどもりが出てしまうようになると、

・どもりが気になって人とのコミュニケーションが怖い
・考えていることがスムーズに出てこずイライラする
・試験や面接などで不利にならないか心配

といった悩みが出てきてしまいます。

そして、なんとか治そうと治療法や病院を探すのです。
言葉は大切なコミュニケーションツールですからそれは当然のことです。

 

 

しかし、どもりの専門的な病院というのは数が少なく、
近くの総合病院へ行こうと思っても、何科にかかれば良いのかはっきりしません。

治療を受けたいと思っても、
どこに行けばいいのか分からなくなってしまいます。

 

どもりには様々な原因があり、一概にこれとは言い切れません。
そのため、その人にあった適切な治療が必要です。

しかし、どもりにあまり詳しくない医者にあたってしまうと、
効果のない治療やトレーニングをさせられてしまうこともあるのです。

 

では、どもりを治すためには必ず専門の医者に見せるべきなのでしょうか。
専門の病院が遠方にある場合は、わざわざ通わなければ治らないのでしょうか。

「そんなことはありません。」

専門の病院に通わなくても、どもり克服したという人は実は結構いるのです。
近くの病院でたまたま良い医者にあたったという偶然でもなければ、薬の力を使うわけでもありません。

 

どもり 病院

 

実は、どもりを自宅いながら出来るトレーニングで克服する方法
があります。

これまで500人以上ものどもり患者を救ってきた
わずか57日間の全く新しいどもり克服法とご紹介します。

 

たとえ医者であっても適切な治療法でなければどもりは解決しません。
どもりを克服するには適切な方法が必要なのです。

 

あなたもどもりを克服して
人とのコミュニケーションを心から楽しみたくはありませんか?

最新脳科学に基づく驚きのどもり克服法とは?

タグ

どもりの治療を受ける前に!

どもり 治療

どもりで治療を受けようか迷っているあなたへ

一音、一音発するのに恐怖を覚えてしまう。
ただ「ありがとう」と言うだけなのに。

挨拶をされた。
「おはよう」と言うだけなのに、怖くて声が出せない。

あなたはどもりで悩んでいませんか?

 

どもりには、いくつか種類が存在します。

同じ音を繰り返し言ってしまう「連発性」
 例「あ、あ、あ、あ、ありがとう」

音を伸ばして言ってしまう「伸発性」
 例「あーーりがとうございます」
 
最初の音をつっかえて先が続かない「無声型(難発、無音型)」
 例「あっ……」

などがあります。

 

また、言葉を発するのが怖くなり、日ごろから強いストレスを感じ続けると、
うつや対人恐怖症などを引き起こす危険もあります。

「なんとか治療したい。病院で治療してもらえるのかな」

たとえ、病院に行きたいと思ってもそこにはいくつかの障害があります。

病院に行くのに人と会うのが怖い。
病院にいくための費用がない。
そもそもどこの病院に行けばいいのかわからない。

 

どもりを治療したいと思っているあなたへ。

どもり 治療

実は、どもりは病院で治療受けずとも
自宅にいながら1人で出来るどもり克服法があります!

300人以上ものどもり患者を救ってきた
最新脳科学に基づくどもり克服法をご紹介します。

人としゃべるのに、いちいち恐怖を抱いたりするのではなく、
楽しく話したいですよね。

あなたもどもりを克服して
心から人との会話を楽しみたくはありませんか?

病院・治療一切なし!わずか57日間のどもり克服法とは?

タグ

このページの先頭へ