アクセス解析

どもりに効果的な薬を教えて!

どもり 薬

 

どもりの薬を探しているあなたへ

どもりの治療には、原因が解明されていないこともあり、
確実な治療法が出ていないのが現状ですが、治療に効果のある薬は近年増えています。

どもりの治療に、主に処方される薬にはSSRIや坑不安薬、坑うつ薬があります。

 

どもりの薬

ルボックス・デプロメール

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われる坑うつ剤です。
これまでの坑うつ薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。

セロトニンの異常分泌により、精神のバランスが崩れ、うつ病や不安障害などの
思考面や感情面での障害を引き起こすといわれています。

セロトニンの異常分泌はどもりの原因ともされており、治療の際に処方されています。

憂鬱な気分をやわらげ、不安や緊張を取り除き、意欲を高める効果があります。
うつ病や社会不安障害の治療にも処方されています。

パキシル

パキシルは新しい坑うつ薬として、回復傾向の高い薬です。
気持ちを楽にし、気分を落ち着け、意欲を高める効果があります。

離脱症状の起こりやすい薬のため、服用する際や辞める際は、
医師に相談することが重要な薬です。

どもりの治療に処方される薬は、日常生活の不安や恐怖を軽減する効果があるため、
対処療法として服用されています。

また、まだ日本では認可されていないけれど、
どもりの治療に効果が最も期待されている薬にパゴクロンがあります。
パゴクロンはアメリカの治験段階で、あがりの症状が改善されたケースが報告されています。

 

薬には副作用があり、依存症などのおそれもあるため、服用する場合は医師や薬剤師に相談することが大切です。
また、離脱症状の危険性もあるため、自己判断で服用をやめず、医師の指示に従うことをお勧めします。

 

どもり治す薬を服用する前に!

どもり 薬

詳細はこちらをクリック!

タグ

どもりを克服したい!

どもり 克服

日常的なコミュニケーションをする上で「会話」
とても重要なことです。
しかし、普通に話しているのに、どもってしまう人もいます。

あなたはどもってはいませんか?

 

・スムーズに話すことができなく、言葉に詰まる。
・周りの人に、変な目で見られてしまう。
・電話するのが恐怖でしょうがない。

一時的に言葉が出なくて詰まるというものではなく、常に話をしている時どもってしまう。

笑われたり、からかわれたり。
周りは決して、良い目では見てくれません。
むしろ、どもりは偏見の目で見られたりもします。

 

また「どもり」には様々なタイプが存在します。
・言葉を繰り返し言ってしまうパターン。
・言葉が詰まって、言えなくなってしまうパターン

周りの人がきちんと「どもり」を理解してくれたらいいのですが、
なかなかそうは上手くいきません。

 

「もう、周りに笑われるのは嫌だし、話が上手く出来なくて、イライラされたくない」

どもりを克服しに、病院に行きたいと思ってはいませんか?
しかし、何科に行けばいいのか?
近くに、「どもり」を診てくれる病院がない場合はどうしたらいいの?

 

そんな、どもりを克服したいと考えるあなたに素敵な情報があるんです!

どもり 克服

実は、自宅で出来るどもりを克服するトレーニング
があるってご存知でしたか?
もう、病院を探さなくてもいいんです!

わずか57日間で普通に「しゃべる」楽しさを手に入れた
最新脳科学に基づくどもり克服法とは?

 

あなたもどもりを克服して、
人生を豊かなものにしたくはありませんか?

人生を豊かにするどもり克服法とは?

タグ

どもりを治す方法とは

どもり 治す 方法

どもりを治す方法を探しているあなたへ。

・電話が鳴るたびに上手くしゃべれるか不安でしょうがない
・人との会話がストレスになってしまう。
・初対面の人と気軽にしゃべれない

多くのどもりに悩む方が「しゃべり」にストレスを感じ
心から楽しむことが出来ずにいます。

あなたはどもりでストレスを感じてはいませんか?

 

どもりを治す方法には、未だ
解明されていない治療分野でもあります。

そのため、「あなたにはこの方法」という的確なアドバイスも難しいです。

また病院もクリニックや心療内科など通うことになりますが
そのほとんどが専門機関ではないといことです。

 

「どもりを治す方法なんてないのかな・・・」

そんなあなたに知ってほしい情報があります。
これまで300人以上ものどもり患者を救ってきた中村しょうが公開する
わずか57日間の全く新しいどもり克服法とは?

300人以上ものどもり患者を救ったどもりを治す方法とは?

どもり 治す 方法

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ