アクセス解析

幼児のどもりを治した!

幼児 どもり

幼児のどもりに悩んでいるあなたへ。

あなたのお子さんは、どもりの症状が出てはいませんか?

幼児期からどもりの症状は現れるとされています。
どもりはなぜ起こってしまうのか?

大きな原因の一つとして「ストレス」があります。

 

幼児期に感じるストレスというのは、実は非常に影響が大きいものです。
お子さんとどう接しているのか、一度振り返ってみてください。

怒りすぎてはいませんか?
 しつけと言うのは、とても大切なことです。
 でも、理不尽なことで怒ったり、なんでもかんでも怒り過ぎてしまうと、
 お子さんは、強いストレスを感じてしまいます。

下の子ばかり構ってはいませんか?
 今まで、親を独り占めしていたのに急に弟、妹が出来てしまったら、なかなか構ってあげられなくなりますよね。
 余裕を見つけて、上の子にもきちんと接してあげてください。

 

これから大きくなって、手がかからなくなってきます。
幼児期は、あっという間に過ぎてしまいます。
この短い間に、ありったけの愛を注ぎ込んであげてください。

 

「自分的には、しっかりと接してあげていると思うんだけど……」

幼児 どもり

それでも、どもりが治らないと悩んでいる親御さんへ。

実は、どもりは病院へ通わずとも自宅で出来るトレーニング
克服できることを知っていますか?

これまで、幼児の他300人以上ものどもり患者を救ってきた
わずか57日間の最新脳科学に基づく新しいどもり克服法をご紹介します。

 

まだ小さいとは言え、他の子供から
「からかわれたり」「いじめられたり」することも考えられます。
そうなる前に、お子さんのどもりを克服させてあげてください。

病院・薬一切なし!幼児も安心のどもり克服法とは?

タグ

どもりの病院へ通う前に・・・

どもり 病院

 

どもりの病院を探しているあなたへ。

どもりを治そうと病院を探しても、
なかなか、これといった病院が見つからずにいませんか。

 

たまに言葉につまる程度なら本人も周囲もあまり気にしないのですが、
程度が大きくなり、常にどもりが出てしまうようになると、

・どもりが気になって人とのコミュニケーションが怖い
・考えていることがスムーズに出てこずイライラする
・試験や面接などで不利にならないか心配

といった悩みが出てきてしまいます。

そして、なんとか治そうと治療法や病院を探すのです。
言葉は大切なコミュニケーションツールですからそれは当然のことです。

 

 

しかし、どもりの専門的な病院というのは数が少なく、
近くの総合病院へ行こうと思っても、何科にかかれば良いのかはっきりしません。

治療を受けたいと思っても、
どこに行けばいいのか分からなくなってしまいます。

 

どもりには様々な原因があり、一概にこれとは言い切れません。
そのため、その人にあった適切な治療が必要です。

しかし、どもりにあまり詳しくない医者にあたってしまうと、
効果のない治療やトレーニングをさせられてしまうこともあるのです。

 

では、どもりを治すためには必ず専門の医者に見せるべきなのでしょうか。
専門の病院が遠方にある場合は、わざわざ通わなければ治らないのでしょうか。

「そんなことはありません。」

専門の病院に通わなくても、どもり克服したという人は実は結構いるのです。
近くの病院でたまたま良い医者にあたったという偶然でもなければ、薬の力を使うわけでもありません。

 

どもり 病院

 

実は、どもりを自宅いながら出来るトレーニングで克服する方法
があります。

これまで500人以上ものどもり患者を救ってきた
わずか57日間の全く新しいどもり克服法とご紹介します。

 

たとえ医者であっても適切な治療法でなければどもりは解決しません。
どもりを克服するには適切な方法が必要なのです。

 

あなたもどもりを克服して
人とのコミュニケーションを心から楽しみたくはありませんか?

最新脳科学に基づく驚きのどもり克服法とは?

タグ

子供のどもりを治したい!

子供 どもり

 

子供のどもりを治したあんたへ。

3歳になる娘が、突然どもり始めた。
治るのか不安だし、どう対処していいかわからない。

 

あなたの子供さんは「どもり」の症状が出ていたりしませんか?
まだ小さいうちからどもりが見られたら、不安になってしまいますよね。

下の子が生まれてから、上の子がどもり始めたというケースがあります。
上の子も見てあげたいけど、下の子の方で手がいっぱい。

遊んであげる時間も、話しかけてあげる時間も、どうしても減ってしまいます。
子供ながら、ストレスは溜まってしまいますよね。

 

どもりの原因には「ストレス」が大きく関わっているとも言われています。
もしかしたら、「もっと自分も構って」という意思表示なのかもしれません。

下の子が生まれて、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になったとしても、
まだまだ子供なんですよね。

 

「上の子も構ってあげてるんだけど、どもりの症状が治らない。どうしたらいいんだろう……」

子供 どもり

そんな、子供のどもりで悩んでいるあなたへ。

実は、どもりは自宅で出来るトレーニングで
改善することが出来るんです!

これまで、300人以上ものどもり患者を救ってきた
わずか57日間で普通のしゃべりを取り戻す
最新脳科学に基づくどもり克服法をご紹介します。

 

周りの子と一緒になって、おもいっきり遊んで欲しいですよね。
少しでも早く、どもりを改善させてあげてください。

あなたも子供のどもりを克服させて
笑顔の我が子を迎え入れたくはありませんか?

わずか57日間でどもりを克服する全く新しい方法とは?

タグ

どもりの治療を受ける前に!

どもり 治療

どもりで治療を受けようか迷っているあなたへ

一音、一音発するのに恐怖を覚えてしまう。
ただ「ありがとう」と言うだけなのに。

挨拶をされた。
「おはよう」と言うだけなのに、怖くて声が出せない。

あなたはどもりで悩んでいませんか?

 

どもりには、いくつか種類が存在します。

同じ音を繰り返し言ってしまう「連発性」
 例「あ、あ、あ、あ、ありがとう」

音を伸ばして言ってしまう「伸発性」
 例「あーーりがとうございます」
 
最初の音をつっかえて先が続かない「無声型(難発、無音型)」
 例「あっ……」

などがあります。

 

また、言葉を発するのが怖くなり、日ごろから強いストレスを感じ続けると、
うつや対人恐怖症などを引き起こす危険もあります。

「なんとか治療したい。病院で治療してもらえるのかな」

たとえ、病院に行きたいと思ってもそこにはいくつかの障害があります。

病院に行くのに人と会うのが怖い。
病院にいくための費用がない。
そもそもどこの病院に行けばいいのかわからない。

 

どもりを治療したいと思っているあなたへ。

どもり 治療

実は、どもりは病院で治療受けずとも
自宅にいながら1人で出来るどもり克服法があります!

300人以上ものどもり患者を救ってきた
最新脳科学に基づくどもり克服法をご紹介します。

人としゃべるのに、いちいち恐怖を抱いたりするのではなく、
楽しく話したいですよね。

あなたもどもりを克服して
心から人との会話を楽しみたくはありませんか?

病院・治療一切なし!わずか57日間のどもり克服法とは?

タグ

吃音の原因について教えて!

吃音 原因

吃音の原因を知りたいあなたへ。

吃音を改善するため、色々な方法を試しているのに治らない。
どうすれば吃音を治すことが出来るのかわからず、
苦しんでいませんか?

吃音を自分ひとりで治そうと思っていても、治すことは
とても難しいと言われています。

それは、
吃音者が吃音という症状を正しく認識できていないからです。

いくつか吃音になってしまう原因について紹介していきます。

 

吃音の原因について

吃音になってしまう原因としては、
・神経や筋肉、聴覚の異常・障害
・長年にわたる話し方の癖、言葉遣いなどの習慣
・極度の緊張やストレス
・遺伝的要因

などが挙げられます。
これらは一時的な要因、いわばきっかけのようなものです。

 

吃音が治らない原因には、この一時的な要因から二次的な要因が作られ、
発音・発語バランスが崩れてしまうことにあります。

一時的な要因をどんなに克服しても、二次的要因は残ったままなので、
吃音を治すことができない。と考えられます。

ここでは、二次的要因が作られてしまう原因について紹介します。

 

二次的要因が作られてしまう原因

・思い込み、決め付けによる二次的要因

「緊張すると吃音になってしまう」
「吃音は治らないと思っている」
「言いづらい言葉(語韻)がある」
「吃音は精神的な治療が必要」
「吃音は身体機能の異常や言語障害」

など、自分の吃音に対し、決めつけや思い込みを持ってしまっていることが挙げられます。

一度自分でそう思ってしまうと、無意識に拒絶反応が起こり、どれだけ治そうと
努力しても改善されません。

 

もし、吃音が身体機能の異常や言語障害であれば、
脳卒中などの構音障害の治療やリハビリをすれば改善できるはずです。

しかし、吃音は「器官が働いていない」というだけの病気ですので、
そのような治療を行っても改善できるものではありません。
治療分野が違うのです。

 

精神的・心理的な治療を試みる方もいますが、これも同じことが言えます。
精神や心理を司る機能に障害があるから吃音になるわけではないのです。

同じことを何度も繰り返すようですが、吃音は「言語障害」ではありません。

 

 

・ごまかそうとする、避けようとすることによる二次的要因

吃音症の方には、たいてい「言いづらい言葉(語韻)」があります。

話をするときは、この「言いづらい言葉」に異常なほどに気を配り、
類義語などを使って他の単語に言い換えようとします。

どうしても「言いづらい言葉」を使わなくてはならないときは、
小声になったり早口に話してごまかそうとします。

 

問題なのは、この「言いづらい言葉」だけを改善しようとすることにあります。
「言いづらい言葉」に意識がかたよると、過剰に力が入ってしまい、
なおさらおかしな言い方になってしまいます。

 

 

これら二次的要因を認識し、意識や神経がひとつの機能に偏ることを防ぐことで、
吃音は改善されやすくなります。
原因と要因を体系的に捉え、視点を変えることが重要です。

 

吃音の原因を詳しく知りたい方はこちら!

吃音 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

どもりの原因とは?

どもり 原因

どもりの原因について
あなたはどれほど理解しているでしょうか。

 

電話や大勢の人の前で話をすると、どもりがちになり、
笑いものにされて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

・緊張すると舌がうまく回らなくなる
・同じ言葉を何度も言ってしまう
・急に返答を求められると言葉が詰まって話せなくなる

どもりの原因については、いまだ解明されていないことも多くありますが、
一般的な原因について紹介します。

 

どもりの原因は、大きく3つに分けられます。

どもりの原因① 身体の異常によるどもり

神経や筋肉の異常、聴覚の異常などが挙げられます。

言葉を発するとき、はじめに脳が神経に言葉を発することを命令します。
そして、神経から筋肉へと信号が伝わるのですが、
神経に異常があると脳が描いたとおりの言葉を発するよう、筋肉に伝えることができず、
口がうまく回らない、筋肉が喉を正常に動かせられない。

などの異常がおこり、どもった状態で声が出てしまいます。

聴覚に異常がある場合、自分が発した声をうまく認識できず、聞き取りずらい発声になってしまいます。
耳で声を確認して、調整する機能がうまく働かない状態になっているのです。

 

どもりの原因② 話し方の癖、習慣によるどもり

長年の癖や他人の話し方を真似ているうち、
以前と同じように話せなくなっている状態
です。

真似していた話し方が習慣になってしまい、元の話し方を
脳が忘れてしまっているのです。

上司や先輩がどもっていて、一緒に仕事をしているうちに自分も
どもってしまった。

という方が当てはまります。

 

どもりの原因③ 緊張やストレスによるどもり

緊張やストレスなど、平常心を保てなくなったとき
身体の異常と同様に、脳が発する命令を神経が筋肉にうまく伝達できず、どもってしまう。
という状態です。

幼少時にどもりを笑われたり、親に叱られたりしてトラウマを抱えている方は
特に症状が現れやすくなります。

また幼少時は他人に感化されやすい時期でもあり、
周りにどもり症の人がいて、無意識に真似していたことが原因で
潜在的にどもりを抱えてしまった方もいます。

 

どもりには様々な原因があり、「これが原因」と特定することが難しく
それぞれの原因が複雑に作用している可能性もあります。

 

どもりの原因を詳しく知りたい方はこちら!

どもり 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

どもりを治すには?

どもりを治す方法が分からないあなたへ

「なんか、しゃべり方おかしくない?」

人に言われるまでもなく、変だとは自覚していた。
それが「どもり」だともわかっているけど、どうやって治すものかわからない。

 

あなたは「どもり」で悩んではいませんか?

普通にしゃべることが出来ず、生きる希望が持てない。
人と話すことがストレスで仕方ない。
周りにどもりで悩んでいる人もいないし、理解してくれる人もいない。

 

まだまだ、どもりは世間に認知されている病気ではありません。
普通の人にとっては、話すことなど何の苦痛でもないことです。
呼吸をするかのごとく、無意識に出来てしまいます。

 

しかし、どもりの人にとってはそうではありません。
一つ一つの言葉を発するのに、意識し、緊張します。

病院で、どもりの治療を行ってくれるところもあります。
しかし、費用やその他の面で、誰でも通えるわけではありません。

 

「なんとかして治すことができないかな……」

どもりで悩んでいるあなたにこそ、知って欲しい情報があるんです!
実は、自宅でどもりを治す方法があるって知ってましたか?

これまで、300名以上ものどもり者を救ってきた
わずか57日間で普通に「しゃべる楽しさ」を手に入れる
最新脳科学に基づくどもり克服法をご紹介します。

 

あなたもどもりを治して
人とのコミュニケーションを楽しみたくはありませんか?

会話を楽しむ、どもりを治す方法とは?

タグ

吃音を治療せずに克服する方法とは?

吃音 治療

吃音の治療を考えているあなたへ。

頭の中ではきちんとわかっているのに、声に出すと失敗してしまう。

「まじめに答えてもらえる?」

周りの人からわかってもらえない。
「吃音」で悩んではいませんか?

 

吃音は、どもりとも言います。
言葉に詰まったり、言葉を繰り返してしまったり、症状は人それぞれです。

それでも共通して言えることは「人としゃべるのが怖い」という恐怖感や、
不安感など「心理的ストレス」が大きくなってしまうことです。

吃音のせいで、人をさけるようになったり、
ストレスからうつ病へと発展してしまう可能性だってあるんです。

 

「なんとかして、吃音を治療したい」

そう思ってはみたけど、どうしていいかわからないですよね。

病院での治療もないわけではありません。
しかし、吃音を診てもらえる病院はそう多くはありません。
さらに、行けば確実に完治するというわけでもないんです。

 

「吃音を治療するのは無理なの?」

長い間、吃音に悩み続けているあなたへ。
実は、そんなあなたにこそ、知ってもらいたい情報があるんです。

病院で治療を受けずとも、
わずか57日間でしゃべる「楽しさ」を手に入れる
「自宅」で出来るトレーニングをするだけで克服する方法があります。

 

吃音 治療

「本当?」

思わず、疑ってしまうと思いますよね。
しかし、悩んでいる方にこそ、ぜひとも試していただきたいんです。

きっと、自分に自信が持てるようになります。
話すのが楽しくなります。

 

吃音を克服して
人との会話を心から楽しみたくはありませんか?

治療せずに吃音を克服する方法とは?

タグ

どもりを克服したい!

どもり 克服

日常的なコミュニケーションをする上で「会話」
とても重要なことです。
しかし、普通に話しているのに、どもってしまう人もいます。

あなたはどもってはいませんか?

 

・スムーズに話すことができなく、言葉に詰まる。
・周りの人に、変な目で見られてしまう。
・電話するのが恐怖でしょうがない。

一時的に言葉が出なくて詰まるというものではなく、常に話をしている時どもってしまう。

笑われたり、からかわれたり。
周りは決して、良い目では見てくれません。
むしろ、どもりは偏見の目で見られたりもします。

 

また「どもり」には様々なタイプが存在します。
・言葉を繰り返し言ってしまうパターン。
・言葉が詰まって、言えなくなってしまうパターン

周りの人がきちんと「どもり」を理解してくれたらいいのですが、
なかなかそうは上手くいきません。

 

「もう、周りに笑われるのは嫌だし、話が上手く出来なくて、イライラされたくない」

どもりを克服しに、病院に行きたいと思ってはいませんか?
しかし、何科に行けばいいのか?
近くに、「どもり」を診てくれる病院がない場合はどうしたらいいの?

 

そんな、どもりを克服したいと考えるあなたに素敵な情報があるんです!

どもり 克服

実は、自宅で出来るどもりを克服するトレーニング
があるってご存知でしたか?
もう、病院を探さなくてもいいんです!

わずか57日間で普通に「しゃべる」楽しさを手に入れた
最新脳科学に基づくどもり克服法とは?

 

あなたもどもりを克服して、
人生を豊かなものにしたくはありませんか?

人生を豊かにするどもり克服法とは?

タグ

このページの先頭へ